vol.35 バナナ・バナナ・バナナ!

imag5035

今日は、バナナのお話!
私の住む町は岡山県北くらいのローカルっぷり、ということにあってか、そのへんにヤシの木やマンゴーの木、バナナの木などなどが生えています。
保健局の敷地内にマンゴーの木があって、マンゴーがなる季節にはその場でもぎとってくれたり、診療所の裏庭にもバナナの木があって、花が咲く様子から実がなるまでのんびり観察できたり。
そして、とにかく種類が豊富!
バナナひとつとっても、小さいバナナ、大きいバナナ、などなど。様々なバナナがあります。
ボールペンより小さいくらいのバナナから、1房が顔より大きいバナナまで。
日本にあるようなふつうのバナナもありますが、中身がピンク色のバナナもあったり、インドネシアではとにかくバナナが幅をきかせています。
そんなわけで、インドネシア流、バナナの食べ方をご紹介!

imag4974
・ピサンゴレン
揚げバナナです。
バナナを半分にして、天ぷら粉のような衣をつけて揚げます。
揚げたてがあつあつで美味しい!
さつまいもの天ぷらの、バナナ風味といったところでしょうか。
1つ5円ほどで売っているようです。私買ったことないですけど。

・ピサンレバス
ゆでバナナです。
皮つきのまま、バナナをゆでます。
ありがたいことに、アパートの大家さんからいただくことが多いので、朝ごはんにすることも。朝バナナダイエット!笑
でもゆでたてが一番美味しいですね。栗のようにほくほくしていてたまりません!いや味わうとちゃんとバナナなんですけど。

・バナナジュース。
果物が豊富なためか、スムージーを50〜100円程度で飲むことができます。
いちご、アボガド、パパイヤなどなど、季節に応じた種類の中で、
やっぱりある、バナナ。
マンゴーやパパイヤは季節によってないことが多いのですが、バナナは大抵ある、と言われます(地域差はあるかもしれませんが)。
バナナも含め、オススメ!

imag4001_1_1

そんな感じの、インドネシアのバナナでした。
生でも食べることはありますが、現地の人曰く「揚げた方が美味しいよ!」「ゆでた方が甘いよ!」とのことです。私はどっちでもいいんですが。
しかし、バナナはあまり安いわけではなく…1房100〜150円ほどなので、実は日本と同じくらいのお値段でしょうか。
けちの柳澤は、今日も自分で買おうとはせず、いただきもののバナナを頬張っています…。