vol.25 改めまして、ご挨拶。

異文化に慣れるには、まず笑顔で挨拶から!
日本もインドネシアも、挨拶はだいじ。
なので、今さらですが、インドネシア語の挨拶の話です。

朝は Selamat pagi (スラマッ パギ)おはようございます。
朝3時〜10時頃まで使います。
朝が早いのは、朝からお祈りタイムがあるから。
略して「パギー」なんて言うことも。おはよう、という意味です。

昼は Selamat siang (スラマッ シアン) こんにちは。
昼10時〜15時頃まで使います。
時間が曖昧なのは、12時頃でもSelamat pagi と言われることがあるから。それに合わせてなんでもpagiと言っていると、「もう9時だからsiangだよ」とご指導いただくことも…大体、で使えばいいのでしょう。たぶん。

朝の挨拶は兄弟言語であるマレー語と同じですが、昼あたりから異なるようです。ちょっとずつ違うので、通じそうで通じない模様。

午後はSelamat sore(スラマッ ソレ)。こんにちはの昼下がりバージョン。
昼15時〜18時頃まで使います。
巡回診療が午後からあるときは、soreにあるよ!とスタッフから説明されます。何時から?と聞いてもsoreとしか言われません。時間帯はやっぱり曖昧です。

夜はSelamat malam(スラマッ マラン)。こんばんは。
18時頃〜朝3時まで使います。
夜は、私の住む町はひったくりがおり危険なためほとんど出歩かないので、私はこの挨拶を使ったことはありません…。

IMAG2155
そんな、時間によって挨拶が異なるインドネシアで、いちばんよく使う挨拶は、
Assalamualaikum(アッサラームアライクム)。
神の平穏がありますように、といった意味です。
お返事は、Walaikumsalam(ワライクムサラーム)。
あなたにも神の平穏がありますように。

すごく素敵な意味だなあ、と思うんですが、これ、アラビア語なんですね。
インドネシア語ではないところがミソです(表記しているのはインドネシア語ですが)。
そして、私には書けません。地味にアラビア語の勉強もしてみてはいるのですが、難しすぎて文字すら覚えきれません…。
インドネシアは90%ほどがイスラム教なので、生活にも、挨拶にもイスラム教が根付いています。
インドネシア語と異なり、どの時間帯もこれひとつで通用するので便利!
略して「アライクム!」なんて挨拶する人も多いです(正式な言い方はもっと長いようですが)。

私の活動先のスタッフは、あまり挨拶のお返事をしない人が多いですが(場所によるようです)、
アッサラームアライクム と言うと、たいていの人が返事をしてくれるので、勝手に多用しています。宗教ってすごい。
しかし、人によっては、アッサラームアライクム、と言うと大笑いされたり、怪訝な顔をされることも…。
イスラム教徒ではない一日本人の柳澤が使うと、相当な違和感のようです。
…うーん。文化に慣れるって、難しい。
協力隊ライフは、日々異文化交流です。