vol.19 クラウドファンディング始めました。

掲示板もお引越ししまして、改めまして、柳澤です。

日々、柳澤の掲示板をご覧いただきありがとうございます!
食べたり、コスプレしたり、食べたり、都会に出かけたり、突然小難しいことを語り出したり、食べたり、
てゆーか、この県北人は、岡山じゃなしにバリ島の隣で何しょーるん?
って方。

決して、バカンスしているわけではありませんよ。
バリ島の隣の島で、看護師しています。

私がいるロンボク島の平均寿命は、感染症などのため、インドネシア全体の平均寿命より約10歳も短いのです。
小学校卒の子供やお母さんも多く、知識と習慣不足のため、手洗いをせずに食事をする光景をよく目にします。習慣から、フォーク等を使うのではなく、直に手で。
そのためもあってか、下痢や消化器疾患の患者様も多く目にします。

そんなわけで、小学校や幼稚園に行き、手洗い、歯磨きを始めとする様々な健康教育を行っています。
本当に、実践もそうですが、知識も曖昧なお子様が多くて…
柳澤「いつ手洗いするの?」
小学生「(胸をはって)寝る前ー!」
嘘じゃろ! って言いたくなります。私は寝る前にはしませんよ、手洗い。笑

cuci tangan

しかし、私や診療所の保健スタッフが学校を回って指導するには限度があります。子供が多いインドネシア、学校だってひとつの町に何十個もあります。
加えて、私の活動は期限付き、2年間。帰国したらその先はどうなるの?誰が教えてくれるの?

そんなわけで、ビデオを作ることにしました。
NHKでカメラマンとして勤め上げた大ベテランの同期様が、別の地域の放送技術学校で学生さんに番組作りの講師をしているので、
学生さんの「勉強」と「健康指導」の意味合いを持つビデオ作成としました。

そして、資金集めのために、READYFORというサイトでクラウドファンディング というツールを使用することとしました。
【インドネシア社会に貢献するビデオを学生たちが作ります。】
インドネシアの同期隊員様が教える、放送技術学生さんが実践的な学ぶ機会を得て、
子供たちが、手洗いから感染予防の基本を身につけ、
そして、生まれ育つ国や地域にかかわらず、人々に健康的な生活習慣が身につくように。

このプロジェクトをご支援、ご拡散いただければ大変嬉しく思います!
詳細はURLのリンク先をご参照ください。
先輩隊員様のプロジェクトと共に、私も参加しています。

そんなわけで。遊んでいるわけではないんです。
時に調子にのったり、時にへこんだり、時に会話が通じなかったり(当たり前ですが日本語通じません、英語もほとんど通じません)、
ごそごそ格闘しつつも、いつも悩むことはひとつ。

この国で、この島の人々に、私は何ができるだろう?

まずは、手洗い指導から。
決してバカンスしているわけではなくて、岡山県北を飛び出して、
こんなこと、ぼちぼちやっています。